【国土交通省】冬期間の安全・安心な交通確保について

福井県は冬期に積雪が集中する地域であり、北陸地方の入り口という地理的要因もあり、積雪による交通障害がしばしば発生しています。平成30年2月豪雪に匹敵する大雪となった2021年1月7日からの大雪では、高速道路や国道などで大型車等の立ち往生、渋滞等が発生し、解消までに2日以上を要する事態となりました。

これを受けて、国土交通省の検討を踏まえ、短期間の集中的な大雪に対しては、幹線道路の一方を確保し通行止め時間を短縮化する等の従来の考え方を転換し、人命を最優先し、大規模な車両対流を徹底的に回避するために、広範囲の計画的・予防的通行止めや除雪能力を超える降雪に対し、高速道路と並行する国道等の同時通行止めを実施し、集中的な除雪作業を行うため、そのためのタイムライン(防災行動計画)を県内各道路管理者、警察及び気象台等で検討、作成し、ハード的、ソフト的な除雪体制の増強、合同訓練の実施など関係機関の連携の強化等、鋭意取り組みを進めているところです。

また、大雪時における物流の安全確保のあり方については、トラック事業者による安全確保対策にとどまらず、荷主のご理解とご協力を得ながら関係省庁とも連携し取り組んでいく必要があります。

つきましては、円滑な道路交通の確保及び物流機能の維持とトラック事業者や運転者の生命・財産を守るため、下記についてご配慮くださいますようお願いいたします。

  1. 豪雪地帯の日本海側など積雪寒冷地を走行する場合には冬用タイヤの装着に加えてチェーンを携行し、気象情報や道路情報に注意してチェーンの早めの装着
  2. 冬用タイヤの装着やチェーンの携行などの冬装備の啓発
  3. 最新の気象・道路情報を入手したうえで、降雪時でも余裕のある運行計画の実施
  4. 様々な機会において、速度超過の抑止、積雪時の急ハンドル・急発進・急ブレーキの抑止の呼びかけ
  5. 荷主関係団体等に置かれましては大雪が予想されるときには以下についてお願いします
  • 大雪等異常気象時による突発的な事象により、運送経路の変更や運送の中止などの必要が生じ、その原因となった事象がやむを得ないと認められる場合には、運送経路の変更等を認めるよう、ご協力をお願いいたします。
  • 配送拠点に留置する在庫の積み増しや、予定されていた配送時間の前倒し、運送可能域内での物資の融通を行うことにより、トラック事業者への不要不急の運送依頼を控えていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

雪害ポスター【PDF】

お問い合わせ

国土交通省近畿地方整備局 福井河川国道事務所

TEL:0776-35-2661(平日)/0776-35-2662(休日・夜間)

FAX:0776-35-6979