令和2年度小松商工会議所の支援事業

本所では、各種支援事業を実施しています。下記対象事業所に対し経費等の一部を助成いたします。
募集期間が9月30日から12月25日に延長になりました。
まずは、小松商工会議所経営支援課までお問合せ下さい。 TEL:0761-21-3121

新商品・新技術開発支援助成事業

対象事業所

① 小松市が実施する「令和2年度小松ブランド新製品等販路開拓支援事業」において認定された商品を開発した事業所
② 小松商工会議所が実施する本助成事業において、本所選考委員会にて認定した事業所

助成対象経費及び助成金額

開発費・試験研究費、パンフレット作成費、広告掲載費、見本市出展費用、その他必要と認める経費、対象経費の2分の1以内とし、1社万円を限度とする。

新商品にかかる用語の定義(②対象事業所)

A.従来品と比較して地域性もしくは独創性に富む商品・技術の開発
B.新市場を開拓するための商品・技術の開発
C.異業種交流等の取り組みによる商品・技術の開発
D.その他小松商工会議所が特に認めるもの

対象事業所の決定及び業種等

A.対象事業所は本所の会員事業所とし、概ね事業所とする
B.募集期間は令和2年6月1日~令和2年12月25日(②対象事業所)
C.②対象事業所は①小松ブランド認定分と重複不可
D.業種は問わない

6次産業チャレンジ支援事業

対象事業所

① 小松市が実施する「令和2年度こまつもんブランド認定事業」において認定された商品を開発した事業所
② 本市6次産業の活性化を図る目的を満たす①以外の事業所において、本所内部に設置する選考委員会にて認定した事業所

助成対象経費及び助成金額

新たに、小松市の農産物を活用し新商品の製造・販売を目指す事業者に対し、小松市の特産農産物仕入れ経費の2分の1以内とし、1社万円を限度とする。但し、認定事業所は選考委員会において選考・決定とするものとする。

新商品にかかる用語の定義(②対象事業所)

A.従来品と比較して小松市の特産農産物を使用した新商品の開発
B.その他、小松商工会議所が特に認めるもの

対象事業所の決定及び業種等

A.対象事業所は本所の会員事業所とし、概ね事業所とする
B.募集期間は令和2年6月1日~令和2年12月25日(②対象事業所)
C.②対象事業所は①こまつもんブランド認定分と重複不可
D.業種は問わない

経営革新設備補助事業

募集期間

令和2年6月1日~12月25日

対象事業所

本所会員事業所(小規模事業者)

卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業以外)  常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業、製造業その他  常時使用する従業員の数 20人以下

対象事業

共同ビジネス事業 共同事業体(全市内企業者)が、共同出資等により事業を行うための事業所を小松市内で整備する事業。
企業スマート化事業 生産性及び販売力等の向上のため、合理化・省エネ・自動化・ICT化を推進する設備等を導入する事業。
経営革新事業 従来の事業内容等を見直して、新役務(サービス)の開発、既存役務の新たな提供方針の導入など、新たな事業活動に取り組むための事業所を整備する事業。
空店舗活用事業 小松商店会連盟の加盟商店街に存在する空き店舗へ、新たに出店する事業者に対し、改装費の一部を補助する事業。但し、開店後は帰属商店街構成員になることを条件とする。

補助対象経費

小松市内に事業所(工場・店舗等)の用地・建物、増改築工事、設備・機器購入の取得・整備費。

必要投資額、補助率、限度額

必要投資額:50万円以上、補助率:補助対象経費合計額の10%、限度額:10万円

対象事業所の認定及び決定等

A.対象事業所から、概ね事業所とする。
B.認定事業所は選考委員会において選考・決定とするものとする。

生産性向上支援事業

対象事業所

 県生産性向上トレーナー派遣事業を利用される会員事業所

助成対象経費及び助成金額

「生産性向上トレーナー派遣事業」講師謝金・交通費のみ。1社3回まで、1回あたり自己負担部分の上限5,000円までとする。 

対象事業所の決定及び業種等

A.対象事業所は本所の会員事業所とし、概ね12事業所とする
B.募集期間は令和2年6月1日~令和2年12月25日