経営セーフティ共済

取引先の突然の倒産が原因で、経営悪化の危機に直面してしまった時に資金を借り入れることができる制度、中小企業を守るために国がつくった共済制度です。

主な特色

  • 最高8,000万円の共済金の貸付けが受けられます。
  • 取引先が倒産した場合、積み立てた掛金総額の10倍の範囲内(最高8,000万円)で回収困難な売掛金債権等の額以内の共済金の貸付けが受けられます。(平成23年10月以降)
  • 共済金の貸付けは、無担保・無保証人です。
  • 共済金の貸付けは無利子です。但し、貸付けを受けた共済金額の1/10に相当する額が積み立てた掛金総額から控除されます。
  • 掛金月額が8万円から20万円まで上限が引き上げられました。(平成23年10月以降)
  • 掛金は税法上「必要経費」または「損金」に算入できます。
    ※1年以内の前納掛金も経費・損金の対象です。

詳しくはこちらまでお願いします。
「(独)中小企業基盤整備機構」http://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/